札幌市の人口について!

札幌市の時人口についてですが、2013年に193万人いて、これまで増えてきていました。年齢層で見ますと年少者(0~14歳)は、全国平均より少なく、生産者年代(15~64歳)は全国平均より多く、高齢者(65歳以上)の数は、全国平均を下回っています。ただ、特徴的な事は男性の数が少なく全国平均では、女子100人に対して、男性105人ですが、この市では女性100人に対して男性の数が90人です。自然増減(出生者数ー死亡者数)を見ますと、増加数は増えていますが、増加率は2003年をピークに減り始め、特に、男性の自然増加数は-(マイナス)に転じています。社会増減(転入者数ー転出者数)を見ますと、まだ、増加は続いていますが、2002年をピークに増加率は減少に向かい男性の数は、すでに社会減になっています。現在のこの市に住んでいる人の数がふえているのは、北海道内各地から若い女性の転入と、高齢化女性の増加が考えられます。この市も今後も全国平均と同じように高齢者の数が増え、年少者の数が減少する事が予測されています。この市も2004~2006年ごろから、生産者年齢の数が減少を始めており、今後は、この市煮住む人の数は、減ってゆくと考えられています。